12 Hours of Estoril – 9月25日(金)最終予選後のライダーコメント

2020.09.26レース

ライダー3人●ジョシュ・フック(ブルー)
『予選はとても良かった。マシンはレース用のセッティングでフィーリングもとても良かったし、空のタンクよりも満タンの状態の方がいい感じ。予選タイヤではなくレース用タイヤでタイムを出しているので、決勝に向けては興味深い。セッティングはルマンからあまり変更していないし、それでいてうまくいっているので、どちらかと言うと楽になっている。決勝に向けて最も重要なのはタイヤの管理だと思う』
ジョシュ・フック
●フレディ・フォレイ(イエロー)
『思った以上にポジティブな予選ができました。僕はいつもレースに向けて自分をイメージしているので、今のところライバルたちがどんなペースでレースに臨むのかには関心はないんだ。我々としては良い状態で走れると思いますが、このコースではタイヤがダメージを受けやすいので、タイヤのチョイスがカギになると思います。グリッド2位には満足しているし、トップからポイントを奪い返すことができているのでポジティブだ。12時間レースは8時間レースよりも少し戦略が必要なので、あとは自分たちのレースに集中しなければならない。でも自信はあるし、明日を楽しみにしているよ』
フレディ・フォレイ

● マイク・ディ・メリオ(レッド)
『予選では2位をキープすることができた。昨日は少し複雑なコンディションだったが、それでも1分39秒040で走ることができた。だから今日は、新しいタイヤさえ履いていればラップタイムを上げることができたと思いますが、目標は決勝に向けての作業でした。なので中古タイヤで走ってみたけど、リズムがすごく良くて、全スティントをとても良いラップタイムで走れることが確認できたので、明日はどうなるか見ていきたいと思います。長いレースになりそうだし、スティントはハードだけど、ミスをしないように集中していきたいと思います』
マイク・ディ・メリオ

twitter facebook LINE