2月27日

2020.01.28

1991年に初めてWGPに参戦したとき

今思うと無鉄砲と言うか

めちゃくちゃだったね(笑い)

我々は海外レースの経験もなく

ましてや行先の外国など、一度たりとも足を踏み入れたこともなかった。

何処の国が何語でしゃべっているかもわからず

何の準備もなく勢いで飛び込んだのだった。

今のように携帯も無く

ミシュランの分厚い地図を頼りにヨーロッパをさまよった。

12年

良く、やったと思う。

5人の侍だった!

もう一度同じ環境でやれと言われても

二度と出来ない。

だから今は、手を変え品を変えて工夫している。

ライダーもだが、日本のチームが日本人だけで

世界選手権を長きにわたって戦えることは不可能だ。

昨年盛り上がったラグビーしかり

外国人選手やスタッフがいなくて世界の壁を破ることは出来ない。

その壁を破るため

私はヨーロツパに骨を埋める覚悟で

東西のバランスを取りに来ている。

TSRスタッフのほとんどは我々からすると外国人だ。

そうしなければならないのが日本の法律でもある。

まあ理解もするが、やりたい人達が可哀想だね。

2月の27日にホンダフランスへチームが集結する。

日本からは二人

後は外人!

皆、良い奴らだ。

写真は何だと思う?

これは結構難しいだろう。

答えは次回

twitter facebook LINE

F'S NEWS

藤井正和

藤井正和(1960年1月31日生)
F.C.C. TSR Honda France総監督
世界で最もサーキットにいる時間の長い男が、レースの現場から、またレースとレースの合間に、あるいは何気ない日常の徒然をリアルボイスでお届けします。

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

RSS