RC30

2020.07.04

ホンダがホンダらしいバイクを創っていた時代だ。
TSRが世界で一番販売したと思う。
このバイクは抽選でしか買えなくて
仕入れるのが大変だった。
それをリバイバルで新たにメンテしてくれるなんて
素晴らしい限りだ。
パーツも出るらしいからオーナーは情報をしっかりと確認して
早めにオーダーされた方が良いだろう。
勿論TSRに持って来ていただいても大歓迎だ。
キャブ時代のV4エンジンだから
これも大変な作業だった。
ファクトリー仕様のキャブはメンテナンス費用が高くて
HRCと大喧嘩したね。
FCRを改造しV4に合わせ
今は亡きモトバム池さんとの思い出だ。

写真はTSRが鈴鹿8耐で走らせていたエビアン(フランスの水)
がスポンサーだった白とピンクのRC30マシン
ジルとフランク、マット
以前も紹介しているが古い話だから再度紹介すると
ジルは我々が最近EWCを始めた時にはユーロ―スポーツのディレクターで再会した。
フランクは現TSRのロゴをデザインした奴、よく電話してくれる。
マットは現役のWGPジャーナリスト
この間ルーチョとの対談を仕込んだ本人。
みんな良い仲間だ。

 

twitter facebook LINE

F'S NEWS

藤井正和

藤井正和(1960年1月31日生)
F.C.C. TSR Honda France総監督
世界で最もサーキットにいる時間の長い男が、レースの現場から、またレースとレースの合間に、あるいは何気ない日常の徒然をリアルボイスでお届けします。

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

RSS