12 Hours of Estoril – [ F.C.C. TSR Honda France] Facebook Live 配信予定

ライブ告知今回もスタート・ピット内定点・監督インタビューなどを予定しています。 今回のレースは、スケジュールは変わるわ、あった走行がなくなるわ、でしたので、スタート進行も超時短。ピットレーンオープンが5分、ウォームアップラップしてスタートまで15分。グリッドに入れるメカも2名です。はてさて、どうなることやら。 ※現場からの配信となるため、通信環境によっては遅延、中断などの可能性があります。予めご了承願います。 決勝スタート進行スケジュール[SCHEDULE] 07:45 – PIT LANE OPEN 07:50 – PIT LANE CLOSED 08:00 – START – 20:00 FINISH (JST+8) TSR公式Facebookページでどうぞ。→GO FOR ITTSRと30有余年にわたる強固なパートナーシップで、その活動の幅を広げるF.C.C.。世界に広がる拠点から熱い応援メッセージ動画が届きました。皆さんの熱意が時空を超えて伝わってきます。 ●You Tube/㈱エフ・シー・シー公式チャンネル https://bit.ly/2RW6KAo ※下記の動画15本をまとめたミックスリストです。 GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from F.C.C. Indiana GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from F.C.C. Manufacturing Technology Center GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from F.C.C. Suzuka Factory GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from FCC (VIETNAM) CO., LTD. GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from FCC (North Carolina), LLC GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from FCC DO BRASIL LTDA. GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from CHENGDU YONGHUA.F.C.C. CLUTCHES CO.,LTD. GO FOR IT !! F.C.C. TSRHondafrance from FCC AUTOMOTIVE PARTS DE MEXICO, S.A. DE C.V. GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from FCC (PHILIPPINES) CORP. GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from FCC (THAILAND) CO., LTD. GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from FCC (TAIWAN) CO., LTD. GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from FCC CLUTCH INDIA PRIVATE LIMITED GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from F.C.C. CO., LTD. Head Office GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from CHINA FCC FOSHAN CO.,LTD. GO FOR IT !! F.C.C.TSRHondafrance from PT. FCC INDONESIAライダー3人●ジョシュ・フック(ブルー) 『予選はとても良かった。マシンはレース用のセッティングでフィーリングもとても良かったし、空のタンクよりも満タンの状態の方がいい感じ。予選タイヤではなくレース用タイヤでタイムを出しているので、決勝に向けては興味深い。セッティングはルマンからあまり変更していないし、それでいてうまくいっているので、どちらかと言うと楽になっている。決勝に向けて最も重要なのはタイヤの管理だと思う』 ジョシュ・フック ●フレディ・フォレイ(イエロー) 『思った以上にポジティブな予選ができました。僕はいつもレースに向けて自分をイメージしているので、今のところライバルたちがどんなペースでレースに臨むのかには関心はないんだ。我々としては良い状態で走れると思いますが、このコースではタイヤがダメージを受けやすいので、タイヤのチョイスがカギになると思います。グリッド2位には満足しているし、トップからポイントを奪い返すことができているのでポジティブだ。12時間レースは8時間レースよりも少し戦略が必要なので、あとは自分たちのレースに集中しなければならない。でも自信はあるし、明日を楽しみにしているよ』 フレディ・フォレイ ● マイク・ディ・メリオ(レッド) 『予選では2位をキープすることができた。昨日は少し複雑なコンディションだったが、それでも1分39秒040で走ることができた。だから今日は、新しいタイヤさえ履いていればラップタイムを上げることができたと思いますが、目標は決勝に向けての作業でした。なので中古タイヤで走ってみたけど、リズムがすごく良くて、全スティントをとても良いラップタイムで走れることが確認できたので、明日はどうなるか見ていきたいと思います。長いレースになりそうだし、スティントはハードだけど、ミスをしないように集中していきたいと思います』 マイク・ディ・メリオジョシュ明けて予選2日目、風は強いものの好天に恵まれた中最終のクォリファイセッションが始まった。昨日今ひとつタイムの伸びなかったジョシュがコースへと向かう。ライバルが早くも1分39秒台でトップとなる中、ジョシュも2周目には39秒158をマークして2番手、さらに39秒台で周回し、4周目に38秒882をマークしてセッションを終えた。順位こそ2番手ながら38秒台に入れてのベスト更新は必要にして十分なもの。 続くフレディも2周目に39秒9をマークすると、5周目には39秒587まで上げて自己ベストを更新、そのままセッションを3番手で終えた。この段階でトップ3以内は確実だった。 最後のマイクは時間内をしっかり11周走り、ベストタイムは39秒164。昨日のタイムは更新できなかったが、2番手でセッションを終えた。 この結果、ジョシュ1分38秒882,フレディが39秒587,マイク39秒040の各ベストタイムで、1分39秒169のアベレージとなり総合予選結果は2番手。決勝は2番グリッドからのスタートとなった。予選エクストラポイントは4。#2S.E.R.T.は予選4番手のため、数字上は2ポイント差を縮めたことになる。 この大会、急造らしく、タイムスケジュールが頻繁に変更され、予選後に発表されたスケジュールによると、明日の決勝前のウォームアップ走行がキャンセルされ、スタートが朝8時(現地時間:日本との時差8時間)〜ゴールが夜8時の12時間レースとなった。 ========================== ●藤井正和チーム総監督のコメント ========================== 『エストリルには気持ちを切り替えて、新たな心持ちで来た。残りはこの1戦、チャンピオンを目指して走るつもりだが、非常に厳しいことは承知している。なんと言っても自力では如何ともし難いからだ。とはいえ、最善の結果を残して、今後、来たるべき来シーズンにつながるレースにしたいと思っています。明日の決勝を楽しみにしていてください』 変更されたタイムスケジュール 変更されたスケジュール ライブタイミング https://www.fimewc.com/live-timing/ 公式リザルト https://www.its-results.com/ewc/2019-20/afc87e46-dd5d-445f-af3e-4c09af4d3163 hulu生配信 ※視聴にはご加入が必要です。 https://www.hulu.jp/events/115385 9月26日(土)16:00〜05:00 【速報】 12 Hours of Estoril - Overall Qualifying Classification - Overall Qualifying Classification
JOSH今回のWEWC2019ー2020シーズン最終戦エストリル12時間は、23台のエントリーと台数的にはやや寂しいものとなっている。この中で、F.C.C. TSR Honda Franceを含むポイント争いでチャンピオンを手にすることができる6チームが、タイム的に上位を占めるものと思われた。 14:30から始まった公式予選1回目のセッションはブルーライダーのジョシュ。プライベートテストやフリー走行でも1分39秒前半を記録しているだけにこのセッションでのタイムが注目されたが、結果は39秒771で3番手。次にコースインしたのが、40秒1がベストのフレディ。最初のアタックで40秒077をマークして自己ベストを更新すると、さらに39秒735と39秒台に入れてセッション2番手で終えた。 Freddy グランプリ時代から何度もエストリルを走っているマイクが、最後にアタック。アウトラップからアタックラップに入り、すぐさま39秒417でトップに浮上。翌周も39秒565、次の周回で39秒040の自己ベスト・セッションベストをマークして、僅か3周のアタックによりトップでセッションを終えた。 Mike 3人のアベレージは1分39秒515で暫定2番手で予選初日を終えた。中でもフレディのタイムアップは、チーム全体の底上げにもなっており、出だしとしては申し分ない。この後、19:00〜20:30までの1時間半、ナイトセッションもあり、その間ピットワーク練習など、チームはレースに向けた準備に余念がない。 画像はFacebookページにも多く掲載していますので、ぜひご覧ください。 タイムスケジュール(PDF) https://bit.ly/2G3IZnu エントリーリスト(PDF) https://bit.ly/3iTNIqn ライブタイミング https://www.fimewc.com/live-timing/ 公式リザルト https://www.its-results.com/ewc/2019-20/afc87e46-dd5d-445f-af3e-4c09af4d3163 hulu生配信 https://www.hulu.jp/events/115385 9月26日(土)16:00〜05:00 ジョシュとマイクエストリル12時間耐久レース、公式セッションの最初は、9:00〜11:00まで2時間予定のフリー走行。昨日のプライベートテストでて計測で1分39秒2のチームベストはジョシュがマークしている。今日のフリー走行は、マイクが1分39秒317でベストタイム、最終的に2番手につけた。ジョシュが39秒474、フレディが40秒104でセッションを終えている。 この後、14:30から20分間の公式予選1回目のセッションが始まる。 ピット 12 Hours of Estoril – 9月23日(水)の車検〜プライベートテストのまとめムービーです。 (動画ファイルに不具合が発生したため、あらたにアップロードしています) 2020年8月21日(金)に発表され、8月22日(土)から予約が始まったCBR600RRレースベース車。CBR1000RR-R譲りのウイングレットが特徴的なこの新型マシンの予約期間は、9月30日(水)まで。 TSRでは、FB(Facebookページ)サービス部でかつてのTSR全日本参戦マシン、CBR600RRのレストアを行ってきました。 そのサワリを少々。 https://www.facebook.com/TSRHondaFrance/posts/3322013627860605 もっと読みたい人は、TSR公式Facebookページで順を追ってお読みください。 https://www.facebook.com/TSRHondaFrance/ 話を戻して、新型CBR600RRレースベース車は、全国のHRCサービスショップで予約受付中ですが、もちろんTSRでも受け付けています。残り1週間となりました。予約数限定販売となりますので、手に入れたい方は、確実に予約をお願いします。 9月23日(水)は午前中公式車検が行われた。その時間を利用して最新のマシン画像を撮影。 13:00から18:00までがTRACK DAYと名付けられた、5時間におよぶプライベートテスト。その後19:00からはチームマネージャー&ライダーのブリーフィングという予定。 本来ならば、すでに新しい2020ー2021シーズンに突入しているところだが、今季は完全にスケジュールが崩れ、9月22日(火)に2019ー2020EWC最終戦にあたる、エストリル12時間耐久の準備が始まった。 他力本願ながらタイトル獲得のチャンスはあるとはいえ、まずは何よりこのレースそのものの結果を重視し、天命を待つ。偽らざる心境。 海沿いのエストリルでは日差しこそ強く激しいが、陰に入れば涼しく、低い湿度で過ごしやすい。その中でまずは全員で設営、明日23日(水)朝から始まる車検、そしてその後のプライベートテストに向けての準備に忙しい。 タイムスケジュール(PDF) https://bit.ly/2G3IZnu エントリーリスト(PDF) https://bit.ly/3iTNIqn ライブタイミング(公式セッション以降開始) https://www.fimewc.com/live-timing/ 公式リザルト(公式セッション以降開始) https://www.its-results.com/ewc/2019-20/afc87e46-dd5d-445f-af3e-4c09af4d3163 hulu生配信 https://www.hulu.jp/events/115385 9月26日(土)16:00〜05:00(日本時間) ●12 Hours of Estoril – EWC エストリル12時間 スタンバイを完了したF.C.C. TSR Honda Franceの予告編。
メールマガジン登録はこちら
メールマガジン登録はこちら