新名神鈴鹿PAに2台のF.C.C. TSR Honda France EWCマシン展示

2020.03.30インフォメーション

伊勢方面への分岐ループも完成し、三重県区間で全通した新名神高速道路。東名阪自動車道四日市IC付近の渋滞がぐっと少なくなり、鈴鹿サーキット最寄りのTSRへも行きやすくなりました。その新名神に、上下線どちらからも利用可能な集約型施設、鈴鹿PAが新設されました。

そこには、鈴鹿市との地域連携スペースがあり、今回は2020年鈴鹿8耐向けに、F.C.C. TSR Honda FranceのEWCマシンを2台、「2018ル・マン24時間優勝車」と「2019/20EWC開幕戦ボルドール24時間参戦車」を展示しました。

展示は2020年鈴鹿8耐が終了する7月31日までの予定。上下線どちらからも利用できる施設で、一般道からの利用も可能ですので、立ち寄る機会があれば、ご覧ください。

twitter facebook LINE