FIM EWC2019ー20シーズン、例外的な措置でスケジュールの大幅変更

2020.04.07レース

今季スケジュール

EWCのオーガナイザーが、今季今後のスケジュールについて発表した。
それによると、チームとライダーの安全が保証できず、現在の公衆衛生上の危機によりレースは開催は困難として、6月6日に予定されていたオッシャースレーベンを中止とし、来季2021年の5月20日〜23日に予定される。

鈴鹿8耐は7月19日開催予定のままシリーズ第3戦となり、8月29日−30日のル・マン24時間、そして続く9月19日ー20日のボルドール24時間が今季最終戦となりチャンピオンシップが決定される。
2020ー21シーズンはセパンで始まり、2021年のボルドールで終わるとのことだ。

これは、現在世界を覆い尽くす前例のない事態へ対処し、チームやライダー、そしてあらゆる人たちを守るためだとしている。さらに独立チームへの資金援助も考えている。

■2019-2020 FIM世界耐久選手権(EWC)スケジュール(4月6日発表時点)

第1戦 ボルドール24時間/ポールリカール(フランス)※終了 2019年9月21〜22日
第2戦 セパン8時間/セパンサーキット(マレーシア)※終了 2019年12月14日
第3戦 鈴鹿8時間/鈴鹿サーキット(日本) 2020年7月19日
第4戦 ル・マン24時間/ブガッティ・サーキット(フランス) 2020年8月29〜30日
第5戦 ボルドール24時間/ポールリカール(フランス) 2020年9月19〜20日

■FIM Endurance World Championship
公式リリース(PDF)

twitter facebook LINE