【ジーノ・リア選手の最新情報について】

2022.09.05レース

It’s always darkest before the dawn.それはちょうど1ヶ月前に起こった。
48時間が生死の分かれ目だと言われた。
しかし、彼はその強靭な肉体で耐え抜いた。

そして今日9月5日(月)早朝、慣れ親しんでいる母国でより効果的なリハビリをするために、機上の人となった。

❖❖❖

予想を裏切る回復ぶりを見せた
ジーノ・リア選手はお盆を過ぎたあたりから医師も驚く回復ぶりを見せ、ご家族の介助を受けながら、車椅子や歩行器などにより病院内を移動できるまでになりました。

三重県四日市市にある独立行政法人「三重県立総合医療センター」医師の皆さん、看護師、職員の皆さんの懸命で適切な治療と看護。事故直後に入国のハードルをものともせずに来日されたご家族の献身的なサポート。多くの皆さんによる数々のご支援。そして何より本人の、おそらく強い意思が今日のこの結果につながったと確信しています。

もちろん、これからが大変なのですが、今はこの新しい一歩を見守っていただければと思います。

twitter facebook LINE